ソリッドシード株式会社

ComposerでPHPのライブラリのインストールと管理が楽になる!

2020年4月21日

パッケージを管理するツールとしてRubyはGem、nodeはnpmやyarnと管理ツールがあり、とても便利です。
PHPにもComposerというパッケージ管理ツールがありライブりのインストールが楽にできます。

パッケージ管理ツールはなぜ必要?

ライブラリをパッケージ管理ツールを使用せずにインストールする場合に
・パッケージのソースコードダウンロード
・依存関係にあるパッケージのソースコードダウンロード
・何をインストールしたかの把握
・複数人で開発した時の共有方法
と結構手間がかかります。
この手間を解消し、開発効率をアップするためにパッケージ管理ツールが必要です。

Composer(コンポーザー)とは?

ComposerはPHPのパッケージを管理するツールです。
ライブラリのインストール、アップデート、デリートをコマンドラインで行える他にLaravelなどのフレームワークをインストールすることもできます。
また、ライブラリの依存関係を自動解決するのと、Jsonでインストール済みライブラリを管理しているので、このファイルを渡してComposerのコマンドを実行すれば同じライブラリを他の開発者にインストールできるので共有が楽になります。

Composerを使用するには?

Composerはソフトウェアなのでパソコンにインストールすれば使用できます。
Windowsだと公式サイトDownloadページにある「Composer-Setup.exe」からインストールファイルがダウンロードできます。
macOSやLinux系OSは Downloadページにある「Command-line installation」の手順でインストールが可能ですが、下記のコマンドを実行でインストールできます。
curl -sS https://getcomposer.org/installer | php — –install-dir=/usr/local/bin –filename=composer

インストールできるライブラリを知るには?

現在は多くのライブラリがあるので、どのようなライブラリがあるか検索したいと思います。
Packagistというパッケージリポジトリのサイトを利用すると、検索やライブラリの情報を知ることができます。

投稿者:SaitoSaito